• TOP
  • culture
  • 日本とアメリカで意味が違うジェスチャー

日本とアメリカで意味が違うジェスチャー

日本にも色々なジェスチャーがあります

英語力がない人でも、身振り手振りで伝わるものだとよく言いますが、伝わる事もありますし、逆の意味に取られてしまうこともあります。
アメリカでも様々なジェスチャーがあり、この違いを理解しておかないと恥ずかしい思いをすることもありますし、真意とは全く逆の意味に取られてしまうこともあります。

コミュニケーションの一つとして日頃から私達も自然に行っていることですが、アメリカに留学する、また仕事で行くということがあれば、いく前にアメリカでのジェスチャーについて理解しておく方がいいでしょう。

手招き、ピースサイン・・・やり方を間違えると意味が違う

日本人が人を手招きする時には、手のひらを下にして「おいで」とジェスチャーしますが、これをアメリカでやってしまうと「なんて失礼な人」「こっちに来るなってこと?」と怒ってしまうかもしれません。

アメリカでこうした日本流のおいでをやると、あっちに行けというジェスチャーとなり全く逆の意味になってしまうのです。

また写真を取る時などにおどけてピースサインを口元に持っていく方などもよく見かけますが、ピースサインを口元に持っていくと性的な意味に取られることもありしないほうが安心です。

手の甲を相手にみせる行為も中指をたてて侮辱している?と取られることもあり、アメリカではしないほうがいいでしょう。

私自信を指さすときのジェスチャーが通じない?

自分自身、私を指さすとき、多くの方が鼻のあたりに人差し指をもっていき、「私のこと?」「俺?」とさしますが、アメリカでは指で物を指すということをしないので、鼻に何かあったのか?怪我でもしたのか?と取る事もあり、「鼻がどうかしたの?」といわれてしまうことも多いです。

アメリカで私と自分を指すときには手全体を使い、例えば「私のこと?」という時には胸のあたりに手をもっていき尋ねたりするので、こうした部分も日本とは全く違うという印象を受けます。

人に対して指をさす行為は日本でもあまりいいといえない行為だと思いますが、海外ではかなり侮辱した意味に取られることもあります。

いらないというジェスチャーが伝わらないことも多い

日本人はいらない、違うという時、英語で言えば「No」の時には、通常手のひらを左右に振って違う、いらないなどの意思表示をしますが、これもアメリカでは行わないことで、Noという場合は、親指をたてて「いいね!」マークを下に向けたようにします。

手のひらをいくらふっても「何?」と聞かれるだけなので、アメリカではこうしたNoのジェスチャーも覚えておく方がいいでしょう。

憧れの国、親しみある国アメリカ、もっと文化を知っておくことが必要

アメリカにあこがれていつか行ってみたいと思っている方も多いと思いますが、日本文化との差、またジェスチャーなどにも違いがあるので、文化の違いも把握して渡米される方がいいと思います。

留学する前にこうした違いを理解しておくことで、失敗も少なくなりますし、誤解されることもないでしょう。
ある程度、ジェスチャーを理解することで留学生活もかなり楽しくなると思います。