• TOP
  • culture
  • アメリカと日本の教育の違い

アメリカと日本の教育の違い

アメリカと日本は教育も全く違う

アメリカで暮らしてきた子供が日本にきて学校に通い始めると、その違いに戸惑い、慣れるまでにはかなりの時間がかかるといいます。
教育という面でもかなり大きな違いがあるので子供たちもそうですし、元々アメリカで暮らしてきたご両親ならなおさらではないかと思います。

基本的にアメリカの教育と日本の教育は、思想という面で違いがあります。
ギャップ以上にショックを受けるほど違うとされる部分も多いので日本からアメリカに行く、アメリカから日本に行く時、教育方針や指導の違いもい理解しておかなければならないでしょう。

アメリカの教育の根底「自分を理解すること」

アメリカの教育の根底には、家庭でも学校でも自らを知るということが主軸となっています。
自分が好きな事を理解する、感情を理解する、何が必要なのかを考える、何についても自分はどうなのか?を主体にしています。

日本の場合、習い事などを始めたら最後までしっかりやりとおしなさいといいますが、アメリカの場合にはチャレンジしてみて楽しいと思ったらやればいいし、他に興味あるものがあるならそっちをやればいいと非常にフランクな考えです。

根性とニュアンスの違う継続の意味

日本では物事を始めたら継続することがもっとも大切という教育方針の親御さんが多いのですが、アメリカでは好きでなければ上達しない、情熱をもてる何かをみつけることが大切と考えているようです。

日本の場合、一度始めたことは忍耐と根性で乗り切る!ということが美談とされますが、アメリカではお子さんが楽しく自分が好きな事にのめり込めるようならそれが一番と考えているのです。

自分の感情をしっかり伝える事の出来る教育を

日本では集団の中で個人の感情を持ち表現することよりも、集団の中で調和して過ごすことができるかを優先した教育です。
しかしアメリカの場合は個人の感情を豊かに表現するということが大切とされ、その感情を表現できる力を養っていくことが重要と考えられています。

日本人は人の前で自分の意見を言うことが苦手です。
またその意見が少数意見だった場合、より訴えかける事が出来ません。

しかしアメリカでは幼いころから自分の意見をしっかり相手に伝える、舞台上で大勢に伝えるなどの教育が様々な分野で行われているので、発表、舞台、大会など、個人で意見を述べたり、お話しすることが非常にうまいです。

ネガティブな事でもしっかり意見を言える教育

あの人の事がうらやましい、あの子がもっているものが欲しい、こういうことを日本で口にすれば、人のものをうらやむなんて意地汚いとか、他の家と我が家は違うと否定されてしまうことが多いのですが、アメリカでは「そういう風に思っていたのね、話してくれてありがとう」と否定することがありません。

ほめて伸ばす教育と叱られても忍耐強くなっていく教育、アメリカと日本の教育は、基本的に違いがあると感じるのですが、日本の教育の中にも、子供の意見をよく聞く、本心を話せる子供にするということが必要ではないでしょうか。