• TOP
  • life
  • ライドシェア「Lyft」がかなり便利!利用してみた感想を紹介します。

ライドシェア「Lyft」がかなり便利!利用してみた感想を紹介します。

納車までが早い

ライドシェアって知っていますか?

アメリカなどで、とても需要の高いライドシェアを知っていますか?
日本ではカーシェアというのかな。
アメリカではライドシェアと言いますが、お店の車屋さんなどがシェアに使用するための車を提供し、自分の使いたいときにサッといつでも車が使えるというサービスです。

日本のように煩わしい手続きなどはなく、とても手軽に申し込みができて、尚且つ自分で車のある場所まで行かなくても自宅まで車を配車してくれると言った良心的な内容になっています。
僕もライドシェアを何度か利用していますが、本当に便利で、自分でわざわざ車を購入する必要性がないとさえ感じることがあります。
もちろん僕の場合はこのままアメリカで生活するつもりがないのでいずれは日本に帰りますが、ライドシェアがあまりにも便利でそれだけを理由にしても、このままアメリカで生活するのも良いかなと思ってしまうほどです。

とにかく配車までが早い

ライドシェアは上でも説明したように、とにかく申し込んでから配車までの流れがすごくスピーディーです。
誰も使っていない状態の車をリクエストすると今現在の車を使っているドライバーさんから連絡があり、どこまで車を届ければ良いのかと聞かれます。
この時、電話の相手が誰かもわからないのに電話に出るのは怖いと感じてしまう人もいるでしょう。
>>UberやLyftなど世界で急拡大中のライドシェア。なぜ日本では広まらないのか?その原因はこんな法律にあった。|Share! Share! Share!

でもアメリカのライドシェアは、誰が使ってるかわからなくても、皆さん共通のアプリに登録して使っているので身分はしっかりと明かされています。
そのため、ライドシェアを悪用するということが難しく、皆さん本当に良心的に車を届けてくれます。

車を探す際にも自宅の近くで自分が使いたい時間帯に空いている車を探していくことになるので、探してる時間帯に他のドライバーさんが運転していても、何の問題もありません。
もちろん自宅ではなく、出先から使いたいと思った時でもアプリを使えばすぐに車が見つかるので助かります。
出かけるときには公共機関を使ったけど、外出先から帰る時に車が欲しいというときにも活用できるのは良いですよね。

使い方のご紹介です

ライドシェアは上でも少し説明していますが、共通のアプリケーションをインストールして使うことになります。
中には登録をした段階で一回分の利用料が無料になるといったサービスなどもあるのです。
基本的にはアプリを使っていくのですが、配車をしてもらった後は、自分の目的地まで自分で運転して行きます。

目的地に到着したら、そこでアプリを開くと支払い画面が自動的に出てくるので、クレジットカードなどを使いながら支払いをします。
また領収書が欲しい場合にはアプリに登録した際のメールアドレスに内容が届きますので、これをプリントアウトすれば立派な領収書となるのです。
僕のお勧めはリフトというアプリになっていて、これは友人からの紹介や、自分が友人を紹介することで20ドルがプレゼントされるのですごくお得です。

カテゴリー: life