• TOP
  • study abroad
  • 留学しても英語が身に付かない…留学失敗リスト。

留学しても英語が身に付かない…留学失敗リスト。

英語が身につかない

留学に失敗するケースの紹介

海外留学をすることによって、語学力が身につくといったイメージやその他にもグローバルな場面で生活をすることによって考え方の友グローバルになっていくというメリットがあります。
海外留学は本当に様々なメリットがあるし、自分自身を大きく成長させてくれるので経験できるなら一度は経験してみた方が良いでしょう。

でも、海外留学をしたところで安全に留学時代に失敗してしまうという人もいます。
海外留学に失敗してしまう人はどんな人なのかを、僕なりにまとめてみたので参考にしてください。

せっかく海外に留学しても、お金と時間だけを無駄にして帰ってくるようでは何の意味もありません。
やっぱり最大限に留学した意味そのものは自分の実力として身につけて帰国するためにも、あらかじめしっかりとしたプランを立てておくことが大切です。

訛りの強いエリアを選んでしまうケースもある

英会話を身につけたいと思ってアメリカ留学をするという人や、その他の違う国に留学するという人もたくさんいます。
でも、訛りの強いエリアを選んでしまうとグローバルに通用する英語ではなく、癖のある英語を学ぶことになってしまうので注意。
結果としては留学に失敗してしまうことになります。

単語を覚えることや、その他文法を覚えるという意味では留学にも意味を持つことになりますが、最終的にグローバルに活用できる英語力が身に付かないため、留学期間が終わっても後悔することになってしまうでしょう。
できれば訛りのあるエリアではなく、訛りのないエリアを選んで留学した方が良いです。

どの程度の訛りがあるかということは、留学に出向く前の段階で調べられるので、ネットの情報をはじめとして実際に留学を経験した方のブログなどを読んでみることをお勧めします。
訛りがあっても周辺エリアでは通じますが、少し離れてしまうと、ほとんど会話が成り立たないこともあります。

日本が恋しくて日本人とばかりコミュニケーションしていた

さて最後になりますが、留学に失敗してしまうケースでもこれが1番最悪だと言えます。
しっかりとした目標を立てずに留学してしまったばかりに、言葉の壁を感じてすぐに日本が恋しくなり現地でも日本人を探して日本人とばかり一緒に過ごしてしまうというケースになります。

またその他にも日本にいる友人や、恋、人家族に頻繁に連絡を取り現地の人とのコミュニケーションをほとんど取らなかったというケースも、留学には失敗したと言えます。
海を渡って違う国に出かけているわけですから日本が恋しくなるのは当然です。

でも自分自身は留学のため、そして勉強のために留学をしているのだと言う意識をしっかり持つことが大切です。
留学しても失敗したと後悔しないために、このような部分に気をつけながら計画を立ててみてください。

留学した後の生活がどのようなものになるのかをあらかじめ想定せず、勢いだけで留学してしまうと、ほぼ確実に失敗することになってしまいます。
失敗しないためのプランを事前に考えておくというのが、一番大きなポイントになってくると思っています。