• TOP
  • study
  • 今は話せなくても大丈夫!留学中に英語力をあげるコツ

今は話せなくても大丈夫!留学中に英語力をあげるコツ

遊びに行く

留学中には基本的に日本人だということを忘れる

自分の身につけた英語力をさらに上達させるために、アメリカ留学をするという人がほとんどです。
でも不得意な分野や自分の癖が出てしまい、なかなか英語力がアップしていかないと悩んでいる人は、いくつかのコツを掴みながら英語を学んでみてください。

まずはじめに、留学をするからには留学中の生活で自分が日本人であることを、忘れてしまうことです。
自分がアメリカ人になったつもりで次々に英会話を覚えていきましょう。
アメリカ人ということは、アメリカで会話をする際に意味が伝わらない単語などを使っていたら恥ずかしいわけです。

本来ならばお前は本当にアメリカ人なのかと現地の人に馬鹿にされてしまうことだってあります。
だからこそ真剣に英語力を身につけなければならず、これでお互い英語を学んで行こうという気持ちになります。
こういった気持ちがなければ英語力が上達することもないので、まずはこのような気持ち、そしてモチベーションを高めていくために自分が日本人であることを根っこの部分から忘れてしまいましょう。

できるだけ毎日現地の人と接する時間を作る

アメリカに出向いて。生活をしていく中で自分の英語力そのものがあまり堪能ではないと思ったとき、なんだか恥ずかしくなってしまい現地の人と話をするのが嫌になることがあります。
これはきっとアメリカ留学をする日本人にありがちなパターンですが、恥ずかしいと思ったからといって現地の人と接しないよりも、反対にどんどん接していく方が英語力はアップしていきます。

現地の人と接する時間が短ければ短いほどその分現地の人が話す英会話を耳にするチャンスも少なくなってしまいます。
こういったプレッシャーを押しのけて現地の人とどんどん接することで、伝わりにくい言葉をどうすればしっかり伝えることができるのかということも考えになります。

アメリカ留学をする段階でなんの問題もなく英会話ができるという人はほとんどいないので、できないところがあるのは当然です。
恥ずかしいという思いを持ってしまうのではなく、どんどん現地の人と接しながら自分が学んでいくんだという強い意志を持ちましょう。
くじけないことが大切です。

上達を実感するために現地のスポットに遊びに行く

アメリカ留学をして、ある程度期間が経過すると徐々に自分の英語力そのものも上達していきます。
上達したことが実感できるタイミングは複数ありますが、特に上達をしっかり実感したいと考えている人は現地の観光スポットをはじめとしてデートスポットや人が集まる所に出向くと良いです。

最初のうちはほとんどわからなかった現地の人たちの会話が、しっかりと聞き取れるようになります。
英語力が身についていた頃は、アメリカの方々がトークをしながら何で笑っているのか、何で不思議そうな顔をするのかということもわかりません。

でも、自分の英語力が上達してくるにしたがって、なぜ笑っているのか、どんなジョークを言っているのかということが把握できるようになるのです。
これが分かるようになると、本当に自分の中での英語力が上達したとしっかり実感することになるでしょう。
このような時間が次へのモチベーションに繋がり、また翌日以降からの勉強意欲が高まります。