• TOP
  • study
  • これまで上達しなかった人が英語学習で躓いてしまう理由。

これまで上達しなかった人が英語学習で躓いてしまう理由。

悩む女性

英語の学習で躓くのはアクセント

英語の学習をしていて、自分の中でつまずくと思ってしまうポイントはどのような部分ですか?
アメリカ留学をしてからも様々な留学生などを見てきていますが、日本人は特に英会話身につける上でつまずいてしまうポイントは、ズバリ!アクセントです。

日本語にも複数のアクセントがあり、このアクセントが違うだけで意味が違うこともありますよね。
例えば雨と飴などのように、アクセントが違うと違った意味に捉えられてしまう言葉があります。
英語でも同じようにアクセントそのものが違っていればうまく伝わらないことがあるので、ここでつまずいてしまう人もたくさんいます。

でも日本語に比べると同じスペルもしくは読みでアクセントによって意味が違うという言葉ははるかに少ないです。
そのため、一つの言葉に対するアクセントさえしっかりと覚えてしまえば、つまずくこともなく英会話がどんどん楽になっていきます。

アクセントにつまずいてしまうのは多くの日本人が経験することなので、これは仕方がないとあきらめ、なおかつ割り切った上で正しいアクセントを覚えていきましょう。
そのためには、CD などを参考にするよりも、やはり現地に留学という形で出向き、現地の方々の発音をしっかりと耳で聞くというのが1番です。

単語は誰でも覚えられる

英会話の勉強をする際には基本中の基本として様々な単語を覚えていかなくてはなりません。
また単語といっても動詞、形容詞、接続詞などといった部分でも覚えることがたくさんあります。
どんなものに対しても単語を覚えていくのが苦手で、このままでは英会話が上達しないと不安になってしまう人もいるでしょう。

でも単語というのは誰にでも覚えられるものなのです。
とても極端な言い方になりますが、日本語でも一つ一つに名前がついていますよね。
自分の生活をする身の回りにだって全て名前のついているものばかりです。

鏡、テレビ、お風呂、洗剤、コップ、茶碗などそれぞれに名前があるとあるのと同じで、英語での単語を覚えるのも決して難しい事ではないのです。
日本語の場合には、物の名前を覚えるだけですが英語になってくると、英語そのものがわからないといった認識の中が先立ちます。

さらに物自体は日本国内で見たことがあるので、これを英語に直すとどんな意味だろう?と悩んでしまうから単語を憶えるのも難しく感じるのです。
まず覚え始めの頃は日本語ではこういった名前ということも意識せず、単純にこれは何々、これは何々という覚え方をしましょう。

テレビを見た時にも日本語としてはテレビです。
しかしアメリカではテレビジョンですので、テレビのことはテレビジョンというのではなく、これはテレビジョン!という覚え方をしていきます。
そうすることによって、次から次に単語がスラスラと覚えられるので暗記が苦手などと思わず、初めて見るものを覚えるといった感覚で学んでみてください。

和製英語にくじけない

他の場面でも少し触れていますが、日本国内には和製英語がたくさん存在しています。
この和製英語を覚えたまま英会話を覚えようとすると、何度もつまずいてしまうことになります。
それは和製英語だよ、それも和製英語だよ、と現地の人に指摘されてしまうことも多いでしょう。

でもこのような和製英語にはくじけず、正しく単語や英会話の流れを覚えていくことが重要です。
こういったポイントに気をつけながら英会話を覚えていくことで、躓いてしまう回数なども少なく、比較的スムーズにしっかりとした英会話を身につけられるのではないでしょうか。